CLAPPな人々

【施行例】茅ヶ崎 山田様邸

 

clapp vintageが御座います藤沢市のお隣、茅ヶ崎という街は実は宇宙に関わるお仕事をされている方が多いんです。宇宙飛行士の土井隆雄さんや、野口聡一さん、今回ご紹介致します山田隆弘様もそんな宇宙に関わる方のお一人。打上から帰還まで5年掛かり(すったもんだで最終的には7年)のサンプルリターンプロジェクト、小惑星探査機はやぶさの通信部門を担われた山田様。何を隠そう僕、10数年前にこのはやぶさの7年間を追ったドキュメントをプラネタリウムで観て泣いてますんで、そんな方が茅ヶ崎にお住いと聞いた時は本当に驚きました。ちなみにその天周番組は後に映画化され、現在はDVD化もされてますので是非ご覧になってください。

 

 

 

 

壁一面本棚の空間はセンスと知性の両方が感じられて凄く憧れます。そんな本棚の前に弊社にてお買い上げ頂きました重厚感のあるチェスターフィールドソファを。ロンドンやニューヨークを舞台にした映画等で見られるスタイルですね。ヴィンテージを取り扱う身でこれを言うと手前味噌に感じられるかもしれませんが、チェスターフィールドに関しましては新品よりも多少の使用感のある物の方が断然素敵だと思っています。一部鋲が欠けている物なども多いですが、こちらはコンディションも良好です。

 

 

 

ソファとの相性も抜群なオリエンタルなラグも弊社にて。ヘリンボーンのフローリングが素敵です。デッキにはなんとも遊び心のあるビーチチェアとフォールディングタイプのテーブルを。このデッキに於けるリビング空間とのギャップ。ポップでもあり、ある種のチープシックも感じるセンスは茅ヶ崎という街の空気感とも合致している気がします。かのパシフィックホテルのプールサイドもこんな雰囲気だったとか。生まれも育ちも茅ヶ崎という山田様だからこその部分かもしれません。

 

 

洋書の数もそうですが、インテリアのチョイスの要所要所からもアメリカを感じます。JAXAだけでなくNASAにもいらっしゃったと聞いて物凄く合点がいきました。聞くところによりますと、人工衛星の通信部門に於いて「必ず正しく伝わる文章のルール」を作る事が夢だそうです。英語でも無くプログラミング言語でも無い、それは新しい一つの言語を作るのとほぼ同義で、なんて壮大な夢なのかと、少し自分の色々を改めようと思いました。山田様、この度は弊社のご利用有難うございました。本当に直接お話したかった。撮影日に同行出来なかった事が悔やまれます。。。

 

 

Share Buttons