商品紹介

FIRE KING ‐ リフリッジレーター

FIRE KING(ファイヤーキング) /
REFRIGERATOR (リフリッジレーター) JADITE(ジェダイシリーズ)

1941年創業、現在に至るまで世界中の食卓を彩るFIRE KING。

中でも1941年から86年まで製造されていた耐熱ミルクガラスの製品は、それ自体をFIRE KINGと呼んで決して大袈裟では無い程の人気を誇り、機能性、ルックス、そしてコレクション性の高さからアメリカ、日本を中心に世界中で人気を博しています。

衣料品や家具、生活雑貨など、入口はそれぞれながら、広く深いミッドセンチュリーの沼に足を踏み入れた際には必ずその名を聞く事になるFIRE KING。当店にも沢山のFIRE KINGが御座います。

同社を代表するジェダイカラー(翡翠色)は1940年代から60年代まで製造されていた、云わば定番色。

40年代頃のアメリカで起きたオリエンタルブームから、中国で最も高価とされていた翡翠(ひすい)色が注目され、このカラーを用いた多くのミルクガラス製食器が製造されました。

FIRE KINGと言えばこのカラーを想像される方も沢山いらっしゃると思います。そんなジェダイカラーを纏った「リフリッジレーター」。マグやティーカップと比べ出会う事の少ないこの容器は、当時は冷蔵庫内で食品を保管する、現在で言うところのタッパーの様な使い方が一般的でした。刻印のデザインから50年代の物と思われます。

Share Buttons